1-6リフレッシュって何?どんなメリットがあるの?【WS ヴァイスシュヴァルツ】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

1-6リフって何なの?という質問を友人にされたので、自分なりに説明させていただきます。

1-6リフレッシュとは?

まず1-6リフレッシュとは一体何なのかという説明をします。

自分の山札とクロックを上手く調整しながら、自分のクロックがレベル1のクロック6の時にリフレッシュをする事を1-6リフと呼ばれています。
結構難しそうに感じると思われますが、慣れれば意外にも狙ってできるようになったりします。(相手のアタックの仕方や自分のキャンセル率によっては厳しい盤面も存在します。)

1-6リフのメリット、デメリットは?

1-6リフのメリットは、レベル1のクロック置き場に置いてあるカードをレベル2に上がった時に有効に使えるという点と、山札の圧縮率を6枚分上げる事ができるという事です。
私の使い方でよくやる事は、チェンジを利用していきたい場合、先にクロック置き場にチェンジ後のキャラクターカードを置いておき、1-6リフを挟んだ後にレベル2に上がってチェンジをするというやり方を利用します。
安定したチェンジが可能で、圧縮もしているのでキャンセル率も必然的に上がりますし、何よりもクライマックスの扉等での回収の事故を防止できたりするのでかなり使えるテクニックのひとつだと思います。


1-6リフのデメリットを箇条書きにしてみると、

・デッキが5枚以下の早出しのタイミングを失ってしまう。
・控え室に6枚以上のクライマックスがある場合の早出しのタイミングを失ってしまう。
・擬似リフレッシュ系のカードを使うタイミングを失ってしまう。

デッキ構築によってはマイナスになる事が多々発生します。

このプレイングを使ってみる時は自分のデッキとの相性を考えて使ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

管理人おすすめのヴァイスシュヴァルツ通販サイト

ws1_ims2_472_240
駿河屋

今回紹介したカードは、駿河屋で購入できます。
WSの通販ならここが定番です!

駿河屋について詳しくはこちら

関連記事

コメントを残す