【WS】 2018 環境上位デッキ【ヴァイスシュヴァルツ】

カードショップでヴァイスを担当している友人に今の環境の上位のデッキを教えてもらいました(*・ω・)
ありがとう!ξ*’ω’)ξ

2018年7月


スポンサーリンク
スポンサーリンク

環境上位デッキ

赤、香澄軸(バンドリ)

《キラキラを求めて 香澄》《ハッピークリスマス♪ 香澄》《蔵の中にあったもの》《“はじまりの音”戸山香澄》《がんばれパン》
おそらく一番使用されている「バンドリ」のスタンダードな軸。
レベル0~3までの流れが非常に繋げやすく《蔵の中にあったもの》が上手くいけば毎ターン使用できるので手札が減りづらく、キャラ回収のためある程度その場の状況に応じて対応できるので不利な状況になりづらい、赤軸なので無理なく《がんばれパン》を採用できるのも高評価。
クライマックスを含めた上記のパーツを出張できるので青や黄色を採用でき、ある程度自由に組める。
現環境のネオスタンの環境トップは「バンドリ」と言われているがこの軸以外にも基本的に全ての色が強いので納得である。

《合体》(トランス)、学園長軸(ひなろじ)

《おもてなし 夕子》《癒しの光 リオン》《見守る者 学園長》
メインアタッカーの《合体》キャラは基本的に好きなキャラでよいが一番採用されているのは《おもてなし 夕子》軸である。
《癒しの光 リオン》《見守る者 学園長》はほぼ確定で採用される。
デッキの動きとしてはレベル2からが本番で、《合体》を複数回行い《おもてなし 夕子》《癒しの光 リオン》を盤面に並べるのがセオリー、その際《見守る者 学園長》のアラームが発動していれば《合体》する毎にキャラサーチが行えるため手札も減りづらい。
パワーラインが高く、複数回《合体》出来ればマーカーのおかげでデッキ圧縮ができるのでキャンセル率も高い。盤面を作れると非常に対処されづらい。
以上の理由から「ひなろじ」は環境の上位と言われている。

黄、赤、タッチ美智留軸(冴カノ)

《icy tail 美智留》《クリエイターの矜持 詩羽》《意外な贈り物 出海》《懐かしい記憶 英梨々》
ほぼ確定で採用されるのが《icy tail 美智留》《クリエイターの矜持 詩羽》《意外な贈り物 出海》である。
《意外な贈り物 出海》《懐かしい記憶 英梨々》等コストが思い出要求のカードが多数ありデッキ圧縮がしやすい。
黄色軸の場合《乙女な本質 英梨々》が採用されやすく、手札が減りづらい。
赤軸の場合《恋するメトロノーム》のスタンバイ効果により早出しを多用できるためパワーラインを高めたり、状況に応た対応ができる。
最終的には《icy tail 美智留》《クリエイターの矜持 詩羽》があるのでトドメを差す能力も高いといえる。
特に《icy tail 美智留》は回復と特殊なバーン効果を持ち、この特殊なバーンが思ってる以上に強い。
「冴カノ」は(icy tail 美智留を除く)青以外の赤黄緑が強く、ある程度自由に組める。
思い出多用によるデッキ圧縮のキャンセル率上昇やトドメを差す能力も高い事から大きな大会でも好成績を残しており現環境上位と言われている。

まとめ

友人とヴァイスを対戦してる時に今の環境ってどんな感じなのかなーと思って教えてもらいました!ξ*’ω’)ξ
他にも、SAOやシンフォギアやラブライブ・サンシャインも環境トップに入るタイトルだそうです(*・ω・)
バンドリの赤軸やSAOとの戦い方は、ストックを貯めすぎずに戦う事が重要みたいです。(貯めていたストックの分、山札から新たにストック置場に置かされる為、貯めすぎるとストックにクライマックスがいっぱいとんでいってしまう可能性がでてくるので!)
ひなろじは早出ししてきたレベル3のキャラをいかに対処するかで勝敗がほぼ決まるレベルらしいです!(ひなろじのレベル3はパワーラインが高いので、メタ等で対処していきます!)
冴カノは前半では相手のキャラを思い出におくらせないようにプレイする事を心がけて、後半は相手の特殊バーン等に気を付けて戦っていくのが良いみたいです!!

色々と考えて戦うところもヴァイスシュヴァルツの楽しみです(*・ω・)
色々なタイプのデッキで他にも強いものがいっぱいあるので、色々とこれからも調べたり聞いたりして、どんどん強くなっていきたいです(*・ω・)

ミリシタまだかな・・・


バンドリ!ガールズバンドパーティ!のブースターはこちら


ひなろじ合体セットはこちら


冴えない彼女の育てかたのブースターはこちら


SAOのブースターはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

管理人おすすめのヴァイスシュヴァルツ通販サイト

ws1_ims2_472_240
駿河屋

今回紹介したカードは、駿河屋で購入できます。
WSの通販ならここが定番です!

駿河屋について詳しくはこちら

関連記事

コメントを残す