リフレッシュ回避(擬似リフレッシュ)のカードがデッキに採用される理由【WS ヴァイスシュヴァルツ】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

上位入賞者がリフレッシュ回避の手段をかなりの確立でデッキに採用されている理由を私なりに考えてみたので書いてみます。

リフレッシュ回避が何故強いのか

リフレッシュにはデメリットとしてクロックに1枚置かなければならないというルールが存在していますが、

そのクロックダメージを単純に回避できるという事!

これが一番だと思われます。

例えば、魔界戦記ディスガイアというエキスパンションのカードで

レベル2コスト1のビューティー男爵中ボス

というキャラがいるのですが、

「このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたの山札が5枚以下なら、あなたは自分の控え室のカードをすべて山札に戻す。そうしたら、その山札をシャッフルし、あなたは相手に1点ダメージを与えてよい。(ダメージキャンセルは発生する)」

というカード能力なんです。

キャラクターを1コストで場に出して、さらに山札と控え室を合わせてシャッフルしてリフレッシュの確定1点ダメージを回避した上に、相手に1点ダメージを与える・・・・?

強すぎです。なんなんですかこの男爵。

他にも自分の山札が5枚以下の場合に山札と控え室を合わせてシャッフルして追加能力で

サーチ能力があったり
パワーのパンプがあったり
キャラクターにマーカーを乗せて超絶な能力を発揮したりetc…

エキスパンションによってはないものがありますが、存在するエキスパンションなら入れないのは損でしょってカードの能力です。

基本はピン刺し(1枚)でもデッキに採用する価値はあると思います。

相手の山札を擬似リフレッシュさせるカードの使い道

こういったカードは少しプレイングでタイミング等を注意しなければいけないのですが、

相手のチェンジや早出しを潰しやすい

相手の擬似リフレッシュカードのメリット能力を潰しやすい

相手の控え室にクライマックスが全然見えていない時に使用するとダメージの通りやすい相手の山札ができる

控え室からの回収の阻止

相手の計算を狂わせる事ができるのが魅力的ですね。

最近のカードでは、カウンターを使用して自分の山札を控え室と合わせてシャッフルできるカード等も存在するので、やはりリフレッシュのデメリットのクロックに1枚置くという事を回避する手段は大事だと思います。

私のデッキにはいらないなぁと今思っている方にこそ、一回使っていただきたい能力です。
使えば分かる超絶能力ですので、是非体感していただきたいです。

前に書いた記事の集中能力と組み合わせて使うと使いやすいですよ!!

集中の使い方、デッキ枚数調整【ヴァイスシュヴァルツ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

管理人おすすめのヴァイスシュヴァルツ通販サイト

ws1_ims2_472_240
駿河屋

今回紹介したカードは、駿河屋で購入できます。
WSの通販ならここが定番です!

駿河屋について詳しくはこちら

関連記事

コメントを残す